集う家

多くの人が集う家なため、できるだけリビングダイニングを広くしたいとの要望がありました。
そのためプライベートな部分は切り離した計画を考えました。
玄関を入るとお客様用とシューズクロークに分かれ、日常はシューズクロークから廊下へと行き来するように動線を確保しました。
開放的なリビングとその端に廊下を設け、お客様が居てもすぐに2階に行けるようにしてます。
水廻りを仕様する際にも、壁を設けることでプライベートとパブリックな空間を明確に分離しています。