空を囲む家

南北に長い敷地に対して、住環境をどのように設計するかをテーマにしました。
二世帯のため敷地の真ん中を中庭にすることで、世帯の区切りをつくり、採光・通風を確保することで時間帯を気にせず、暮らし安さを重視した設計にしました。
リビングとダイニングを離たことで、客人をリビングにもてなすことができ、キッチンなど見られたくない場所を分離しました。
ダイニングの横には中庭を設けることで広々とした空間を演出することが出来ました。
また。ダイニングと廊下との間の建具を天井までの開き戸にすることで、より一層、空間のつながりを垣間見せることができます。