飛び出た家

敷地の形状が台形と駐車場を2台分スペースを確保する建築計画から始まり、内部空間では採光・風等を工夫することがテーマでした。
南面が隣地との境が狭いためLDKを2F北側に配置することで、空間をより広く見せるために出窓を設けました。
出窓の端部をL型に設置することで意匠・採光・通風を確保ができ、またベランダもLDKの横に設置することで快適な住環境を提供できました。
2FにはLDKを挟んで子ども部屋を配置させることで、いつでも子どもの居場所を把握し易くなっています。
そして廊下を通して階段と接しているため、2Fから1Fまで声が通ることになり、廊下がこの住宅の一番のコミュニティとなります。
多くの人が訪れるため、家族や友人の声などが飛び出してくるような形をイメージしながら、それを建築段階において具現化することで、この家庭を象徴した形状となっています。