大きな屋根の家

収納スペースを多くほしいと要望があり、デッドスペース(収納)を多くと創ることをデザインの一歩として考えました。
まず大屋根にすることで、各室の高さが異なるため空間を調整し個々の用途に合った収納スペースを設けました。
リビングダイニングを広々とするために庭にデッキを設け、そして勝手口とつなげることで回遊性を確保しました。
また、リビングに階段を設置することで小さな舞台のような空間を演出します。
キッチンには使い勝手のよいようにニッチを設け、アクセントに緑色のパネルを設置しました。
2階は子どもたちがはしゃぎ回れるように仕切りを設けない開放的な空間にしています。